引っ越してすぐ片付くか

Posted by: 中田 平次  :  Category: その他

引っ越し後、何年間も開いていない段ボール箱が、そのままになっている事があります。収納計画ができていないと、こんなことがおこります
間取りを考えるときに、どこに何を入れるかゾーニングと収納計画ができていれば、引っ越しと同時に迷うことなくその場所に荷物を運びこみ、片付けることができます。

★フロア分けをする
戸建の場合、フロアごとに何を置くかを考えていきます。1階には1階で使用する物、2階には2階で使用する物、3階には3階で使用する物という具合に、物を分けて考えます。1階の納戸に、家中の物を集結させてしまう間取りもありますが、なるべく階段を上り下りせずに、物を出し入れできるように収納計画を立て、使用する場所の近くに収納場所を作れば、出しっぱなしを防ぐことになります。

★フロアごとに計画する
何をどのフロアに置くかが決まったら、次は1階、2階とそれぞれ計画をたてます。個人の物は個人の部屋で管理します。基本は使用する場所の近くに物を収納し、入らなかった物は、なるべく近くに収納します。例えば、1階の玄関にシューズクロークの場所がとれる場合は、靴・スリッパ・傘・外で使用する子どもの遊び道具・レジャー用品・スポーツ用品などや、場合によってはハンカチやコート類を収納します。玄関に靴箱しか設けられない場合、玄関に近い廊下にレジャー用品やスポーツ用品を収納できるスペースを作りましょう。

★思い出の品や季節用品
和室があれば、押入れに、無ければ屋根裏などを利用しましょう。忘れやすいのは季節外の布団を収納する場所です。必ず有るものですが、忘れやすいので収納場所を確保しましょう。

冬の洗濯干し

Posted by: 中田 平次  :  Category: その他

 雪国の方たち、冬の洗濯物はどうやって乾かしていますか?なにか良い方法があったら教えて欲しいのですが。とても難しい問題です。

車でぶらぶらしていると、広い一軒家で2階にガラス張りの物干し場がある家を何件か見かけます。冬でも日光が入る場所に作ってあるので、これなら乾くのだろうとうらやましくなります。そんな場所がない家が多いと思うのですが、どうしているのでしょう。

 雪国はストーブを焚くのでその熱で部屋干しというのがほとんどだと思います。ストーブの上の洗濯物が落ちて火事になったというニュースを冬場はよく聞きますので注意が必要です。暖房設備はどういったものが使われているのでしょう?洗濯乾燥機がある家はそれも使用していると思います。雪国ではシーツや毛布などをコインランドリーで洗濯乾燥している人をよく見かけます。冬はそういう大きなものは乾かないからなのでしょう。除湿機はどうでしょうか?でも冬は加湿しなければいけないのに除湿機っていうのもちょっと・・・梅雨の時期なら良いのですが、除湿機は寒くなってしまいませんか?最新の除湿機はならいのかな?エアコンの送風機能も寒くなりますよね。浴室の衣類乾燥機能は電気代が馬鹿になりませんし・・・

 結局部屋の暖房の熱で乾かすしかないので窓は結露が付いてしまいます。困ってしまいますね。リビングで干すのでリビングが物干し場化してしまいますね。その上今はLDKが多いので料理の臭い移りも気になるとこです。

最近、新しく出た家電で乾燥機を見つけました。シャープで出したもので、なんとなく布団乾燥機の進化版みたいな感じです。伸縮タイプのホースを使い風の吹き出す方向を自由に変えられます。布団のほか、クローゼットや押し入れにホースを伸ばして乾燥させることが出来ます。これをうまく使うと冬の洗濯物をうまく乾かすことが出来るような気がしませんか??お値段もお安くなっていましたよ。

上手く行くかな?

Posted by: 中田 平次  :  Category: その他

  久し振りに居酒屋で一人酒のAさん、たまたま知り合った同年代のBさんと意気投合して飲んでいます。

さてBさんは郊外に住んでおり会社員なのですが親が以前商売をしていたので営業していない店舗付き住居に暮らしています。

この住居は郊外なので土地の価格は低めですが商売をしていたため駐車場などもあり広めの敷地です。

ただBさん隣りがパチンコ屋だというのが以前から気に入らず転居をしたいとずっと思っていました。Aさんの方はというと、繁華街のある中心地の一戸建てに住んでいますが以前より脱サラして熱帯魚店をオープンするのが長年の夢でした。

話しているうちにお互いの利害が一致しているのではないかという事になり双方 相手の住環境を見に行き納得出来たら住居を交換しようという話しになりました。

早速お互いに相手の住居を見に行き近所の住環境など確認し話しあった結果、交換しょうという事になりました。

さぁそれから二人で打ち合わせを重ねた結果ようやく住居の交換計画が決定しました。

その計画案は、まず土地は等価交換します、土地の広さに差がありますが時価に差があるためクリア出来ますがBさんが損になる交換になりそうです。

問題は建物です、今度はAさんの方の建物が大分時価が高いため名義はそのままにしてお互い建物の建替えまで使用貸借する、そして固定資産税は住んでいる人が払う合意書を作成する事にしました。

これで土地ではBさんが損をしますが建物は名義変更こそしないものの建替えまでBさんは今までより良い建物に住める訳ですからこれで相殺しようという事になったのです。

さていよいよ作戦実行です。

さて皆さん、等価交換というより物々交換のような計画ですが将来建物の事でもめ事が起きない事を祈ります?

エネファーム

Posted by: 中田 平次  :  Category: その他

エネファームとは家庭用燃料電池コージェネレーションの愛称である…

よくCMでやっている、あの会社の商品のことだと思っていた私はビックリしてしまいました。

エネファームって家庭用燃料電池コージェネレーションのことだったのね…

で…家庭用電池コージェネレーションってなに??という疑問が湧いてきますが自分の家で水素と酸素を使って発電するらしいですよ

発電をする時にでる熱を利用してお湯を沸かしてしまうそうです

天然ガスを燃料にしているので安全で二酸化炭素の排出も抑えることができる自家発電ということです

すばらしい!

電気とお湯が自分の家でできるのですね

自然素材の家を大阪で建てた友人はこのエネファームにしたそうです

地球の環境のことをよく考えている友人らしい選択なのでしょう

太陽光も付けているので、ほとんど自家発電で賄えているのではないですかね

エネファームも設置すると補助金が貰えたそうです

この補助金も期間限定でしょうが、今貰えるようなら新築を考えている方はぜひ検討してもらいたいですよね

もちろんリフォームでも設置は可能です

しかし、我が家はオール電化にしてあります、この場合どうなるのでしょう?

ガスを引く工事が必要になるのかな?

簡単に出来るのかしら?ちょっと不安です

我が家はエコキュートにしているのですが、設置費用はエネファームよりも安いですよね

それに実績があるのでエコキュートを選びました

どちらが良いとは言えないのでしょうが、どちらも環境のことを考える良いきっかけになるのではないでしょうか?