敷金と礼金の話

Posted by: 中田 平次  :  Category: 不動産

賃貸アパートやマンションを借りる時に必要な初期費用についてですが、その初期費用の中でも敷金と礼金について書いていこうと思っています。

今は敷金と礼金が無料の物件も増えてきました。

昔は初期費用の目安は家賃の6ヶ月分といわれていましたが、今では1,2ヶ月分で借りることもできるようになりました。

敷金とはそもそもなんのために必要かは知っているでしょうか。

部屋を貸している大家さんが借り主に部屋を貸すかわりの担保として預かっておくお金のことです。

もし担保がなかったら大家さんとしてもなかなか部屋を貸したくはないのです。

貸した部屋が破損してしまったり、家賃を払ってくれないで出て行かれたりすると大家さんとしても困ってしまいます。

あくまでも担保なので問題がない場合は借り主に全額戻ることになっています。

とはいっても、全額戻ってこないケースは少なくありません。

国土交通省がガイドラインを作成しているので、それを読んで勉強しておくと損をしないですむかもしれません。

礼金はもともと大家さんに感謝の気持ちの意味で渡すお金でした。

これが慣習となり今でも続いているのです。

ですので当然このお金は戻ってくることはないのです。

今はアパートやマンションの空き室が目立つようになってきています。

そのため、大家さんとしてもなるべく空き室を出さないようにしたいため、礼金を無料にして入居しやすくなるようになどしています。

今後、礼金が不要になる時もくるかもしれませんね。