住宅金融支援機構のこと

Posted by: 中田 平次  :  Category: 新築

住宅金融支援機構について前に少し紹介しました。

国が全額出資をしている独立行政法人です。前は住宅金融公庫と呼ばれていました。

住宅金融公庫は2007年の3月に廃止されました。2007年の4月から住宅金融公庫の業務を引き継ぐ形で住宅金融支援機構が生まれたのです。

住宅金融公庫時代は直接融資をしていたのですが、住宅金融支援機構になってからは

融資を支援する業務をメインとするようになりました。それが前に書いたフラット35です。

フラット35以外にもフラット35Sやフラット50などがあります。

フラット35のメリットとしてこの前紹介をしたもの以外に大きいメリットは住宅金融支援機構独自の物件検査を受けることができるところです。

正しくいうと物件検査は受けなければいけません。さらに物件検査の費用も自分で出さなければいけません。

しかしそれでもうけることで住宅に問題がないことが証明されるので住宅に安心感をもつことができるのです。

保証料などが無料になる住宅金融支援機構ですが、これはなぜでしょうか。

それはフラット35を貸し出すことになる一般の金融機関に貸し倒れのリスクがないためです。

なぜなら金融機関が貸しだしたお金は住宅支援機構によって払われるからです。

住宅金融支援機構は金融機関が貸しだしたフラット35の債権を証券にして投資家たちからお金を集めるという方法によって、金融機関が負担したお金を払います。

保証料が無料になるのは結構大きいことです。

大分に注文住宅を購入した友人はフラット35を利用していました。

住宅ローンを借りるときは住宅金融支援機構のことも知っておきましょう。