ペットと住む家

Posted by: 中田 平次  :  Category: 未分類

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その友人は以前から小型犬の犬を飼っていました。なので新築住宅には犬と共に暮らす家となっていました。私はペットを飼った経験がないのでペットにここまでするのかと驚きました。しかし友人からしてみれば犬はペットではなく、家族の一員なのです。大事に家族同様の設備や空間造りをしていて感心しました。きちんとペットの居場所を造ってあげていました。

家族がいつも過ごすリビングの一角をペットの居場所としてスペースがありました。そのスペースの上には犬の用品や散歩用品を収納できるスペースを設けており、家族と共に時間を過ごしながらも、ペットは自分だけのくつろぎの場を感じることができストレスを溜めずに済むことでしょう。ペットの居場所の先にはウッドデッキが広がりそして庭へと繋がっていました。そして日々行うペットのお手入れは、洗面台を広々とシャワーヘッドにすることでお手入れしやすくしていました。リビングに設けている室内ドアの下の部分にはペットが自由に行き来できるようにペット専用のドアまで設けられていました。

その他には気になる臭い対策もしっかり行っていました。ペットのトイレ周辺には空気清浄機兼換気扇を設けており、トイレ周辺の壁材は消臭効果があるものを選んでいると言うのです。臭いと同時に爪の引っかき傷も気になります。傷がつきにくく、消臭効果が高いものを選ぶことで人間もペットも快適に心地よく生活が送れます。ペットと人間が共存する家ではペットも家族の一員として考え両者が互いに住みやすい家を目指すべきなのだと勉強になりました。