窓の重要性

Posted by: 中田 平次  :  Category: 新築

寒い冬がやってきました。
冬がやってくると一番頭を悩ませるのが結露です。
我が家が現在住んでいる家の窓は結露がひどくて毎朝お手入れが大変です。
床がびちょびちょになることも少なくありません。お手入れを怠るとカーテンにカビが生えて衛生的にもよくありません。
結露対策だけではなく、暑さや寒さ対策として、また音対策としても窓の存在は大変重要なのです。それゆえに内窓を設置する家庭も少なくないのです。

窓の断熱性が低いと結露しやすくなり、また冷暖房効率も悪くなります。
断熱性や気密性に優れた窓を設置することで快適で住み心地のいい家になるのです。
夏は約70%の熱が窓から入ってきます。また冬は約50%の熱が窓から逃げていくのです。
窓周りの日差しを遮り光熱費を節約するためにも、冬のエアコンの効率をアップさせるためにも窓の断熱性が非常に重要になってくるのです。
夏の日差しをカットするだけでなく、紫外線もカットする窓ガラスにすることで女性は大きな魅力を感じるのではいでしょうか。

また外の騒音に左右される暮らしは決して快適とは言えません。
音に左右されない家にするためにも窓の気密性を高める必要があるのです。
そうすることで外から入ってくる音をシャットアウトできるだけでなく、室内から発せられる音を外に漏らす心配もなくなるのです。
窓ガラスとサッシと両方の機能性をしっかり把握し住宅に取り入れることで最高に快適な暮らしを手に入れることができるのです。
窓と軽視せず、今一度窓の重要性を見直したいと思います。