二つの玄関

Posted by: 中田 平次  :  Category: 注文住宅

我が家の玄関は、お客様用のメインの玄関と、家族用の玄関と動線を二つに分けました。このように動線を分けることでメインの玄関に家族の靴や物が散らかりにくくなりました。子ども達が帰宅するといつも玄関に靴が脱ぎ散らかされており、その光景を見るだけでイラッとしながら靴を整理していました。新しい家ではこのストレスを解消できるようにしたかったのです。

玄関の横にシューズクロークを設け、そこを家族用の玄関として利用しています。シューズクロークと室内を繋ぐことでスムーズな動線が確保できます。靴を脱ぐ場所に天井いっぱいにオープン棚が広がっているので、靴の出し入れはしやすくなります。このようにしたことで、子ども達は自ら脱いだ靴を元の場所にしまうという習慣が身に付くようになりました。靴をしまっていなくてもメインの玄関との動線を分けることで、メインの玄関は常に靴や物が散らからずスッキリとした状態を維持できるのです。

シューズクロークには家族の靴を大容量にするだけでなく、外で使用する物も収納できるスペースを確保しました。玄関に置きっぱなしになりがちな子どものスポーツ用品や、おもちゃや三輪車などこれらの物も収納しておけるシューズクロークにすることでより玄関をスッキリさせることができます。また、シューズクロークから室内への動線を確保したので室内で使用する物をここに収納しておくこともできるのです。また上着を一時置きできるスペースを設ければ、リビングに上着が散らかるのを防ぐことができます。動線に沿って適した物を収納できるようにしておきましょう。