夏は涼しく、冬暖かい家

Posted by: 中田 平次  :  Category: 新築

「夏は涼しく、冬は暖かい家」ということは、家造りを行う上で誰もが実現したいことではないでしょうか。例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくしたり、家の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密性や断熱性にこだわることで冬の暖かさを実現していくことができます。

それだけに家造りを行う際は、使用する断熱材や断熱工法などに注目する人が増えてきました。住宅自体の気密性や断熱性を高めることも大事なのですが、それと同じくらい大事なのが熱の出入り口となる窓の断熱性なのです。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓は58%です。そして夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%なのです。

この数字を見ても窓の断熱性が求められるのは一目瞭然です。そこで我が家は取り入れたのが、遮熱高断熱Low-E複層ガラスです。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。まず省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

冬場は窓の結露に悩まされる人も多いです。断熱性が低いと窓の結露が起きてしまします。この窓ガラスにすることで結露を大幅に抑制してくれるのです。結露抑制は、アトピーの一因といわれるカビやダニの発生を抑えるので、健康な住空間を作りだす要素となるのです。窓への対策を忘れず、快適な住まいを目指しましょう。