洗面室

Posted by: 中田 平次  :  Category: 新築

朝の身支度を行う時間帯、洗面室が混み合い不便さを感じたことはありませんか。特に女の子が多い家庭では、身支度に時間がかかり洗面室が混み合うことも多いです。

この問題を解消するには、並んでもゆったりと身支度ができるよう、3面鏡を2連づかいした広い洗面台があるといいのです。大きな鏡の奥には、家族それぞれの専用収納スペースがあり、洗面周りのものをきちんと管理できるようにするのです。このような洗面台があれば、自分のペースで身支度をスムーズに行うことができ、朝のバタバタも解消されることでしょう。

大きさのある洗面台を設ける場合には、洗面室にある程度の広さが求められます。今までは洗面室の広さは1坪が一般的だったのですが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が求められるようになっています。洗面室は入浴の前後でも使用します。服を脱いだり、着たり動作することもあるだけに広さのある洗面室だと、動作もしやすくなるのです。また家族の下着やパジャマまでこの洗面室で管理しておく収納スペースがあると、入浴前の事前準備もしやすくなるのです。

ここに洗濯機を設置する家庭が多いです。洗濯機を設置することから、家事をする上でも重要な空間で、主婦にとってはキッチンに次いで注目すべき空間なのです。家族みんなが使いやすく、家事のしやすさが高められるように、洗面室の広さに注目した家造りをおススメします。広さだけでなく、生活動線・家事動線のどちらにも配慮して間取りを決めましょう。

Comments are closed.