太陽光の熱を暮しに

Posted by: 中田 平次  :  Category: 注文住宅

近所の家の屋根を見ても、新築を建てた友人宅の屋根を見ても多くの家庭の屋根で太陽光パネルが設置されており、またオール電化を採用しています。ガス代は比較的料金が高くオール電化にすることで光熱費の節約にも繋がることでしょう。

晴天時の日中は発電量が多く得られるので余った電気は電力会社に買い取ってもらえるので太陽光パネル設置の普及は高まっています。このシステムが始まった当初よりは電気の買い取り単価は安くなっていますが、余った電力を買い取ってもらえることで家計を助けてくれることは言うまでもないでしょう。

太陽光発電のある家は家計を助けてくれるだけでなく地球環境にも大変効果を発揮しています。地球温暖化の原因となるCO2を出さない太陽光発電は地球を守る一つの方法でもあります。そういう観点でも一人一人の意識を高めて、太陽光発電の設置を考える必要がある気がします。

以前の私は、太陽光パネルを設置することは家の外観を損なう気がしてあまり好感を抱いていませんでしたが、機能にも優れていて最近のものはデザインもシンプルで家の景観も損なわないようなタイプも多くあるので大変魅力を感じています。
気になることは自分の家の屋根にどれだけの太陽光パネルを設置でき、どれだけの発電量が捻出できるかという点です。また万が一の停電時にはどのように対応するのかという点も心配です。
マイホーム購入する際にはそのような点も事前にしっかりと確認して理解しておく必要がありそうです。家計を手助けしてくれ、地球環境にも優しい太陽光パネルの設置を積極的に取り入れたいものです。

エネファーム

Posted by: 中田 平次  :  Category: その他

エネファームとは家庭用燃料電池コージェネレーションの愛称である…

よくCMでやっている、あの会社の商品のことだと思っていた私はビックリしてしまいました。

エネファームって家庭用燃料電池コージェネレーションのことだったのね…

で…家庭用電池コージェネレーションってなに??という疑問が湧いてきますが自分の家で水素と酸素を使って発電するらしいですよ

発電をする時にでる熱を利用してお湯を沸かしてしまうそうです

天然ガスを燃料にしているので安全で二酸化炭素の排出も抑えることができる自家発電ということです

すばらしい!

電気とお湯が自分の家でできるのですね

自然素材の家を大阪で建てた友人はこのエネファームにしたそうです

地球の環境のことをよく考えている友人らしい選択なのでしょう

太陽光も付けているので、ほとんど自家発電で賄えているのではないですかね

エネファームも設置すると補助金が貰えたそうです

この補助金も期間限定でしょうが、今貰えるようなら新築を考えている方はぜひ検討してもらいたいですよね

もちろんリフォームでも設置は可能です

しかし、我が家はオール電化にしてあります、この場合どうなるのでしょう?

ガスを引く工事が必要になるのかな?

簡単に出来るのかしら?ちょっと不安です

我が家はエコキュートにしているのですが、設置費用はエネファームよりも安いですよね

それに実績があるのでエコキュートを選びました

どちらが良いとは言えないのでしょうが、どちらも環境のことを考える良いきっかけになるのではないでしょうか?