中古のマンションはリフォーム

Posted by: 中田 平次  :  Category: 不動産

マンションが欲しいけど新築マンションはちょっと高いので中古のマンションでもいいかなと考えることがあると思います。

でも中古はイヤだなと考える前に中古住宅のメリットとデメリットを知っておきましょう。

中古マンションは値段が安いので新築マンションと比べて購入がしやすいです。

物件数が多いのもいいところです。

新築マンションは建った時に入居しないと新築ではなくなりますが、それ以外は全て中古ということになります。

中古マンションは色々なところにあるので立地がよかったり職場に近かったりなどと自分の都合に合わせたマンションを購入することが可能です。

リフォームをすることで新築マンションにも負けない快適な空間になります。

リフォーム費用を調整すれば安い値段で新築並みの中古マンションに住むことができます。

中古マンションは事前に物件の情報を調べることができるのもいいところです。

結構近隣のトラブルなどもあるので事前にどのような人たちが住んでいるのかや騒音問題がないのかもある程度確認することができます。

デメリットはマンションには維持管理費があるのですが新築に比べて中古マンションのほうが高くなります。

中でも修繕積立金は年数が経つごとにどんどん額が増えていきますので注意が必要です。

中古の物件は現状渡しという取引形態です。

現状渡しというのはそのままの状態で引渡しをするということです。

後から問題が分かっても直してもらったりすることはできません。