保険に入る住宅ローン

Posted by: 中田 平次  :  Category: 新築

住宅ローンを借りる時にはほとんどの場合団体信用生命保険という保険に加入しなければいけません。

基本的には生命保険なのですが名前のとおり団体で加入するため通常の生命保険と比べ、掛け金が安くなります。

返済期間中にもしもの事があった場合にこの団体信用生命保険が役に立ちます。

住宅ローンを返済している時に死亡してしまった時には団体信用生命保険に加入しておくと保険金で住宅ローンを完済することができるのです。

もしもこの団体信用生命保険に加入していなかった場合には残った家族が残りの住宅ローンを返済していかなければいけません。

他の生命保険に加入していればそのようなこともないのかもしれませんが。

民間の金融機関ではほぼ団体信用生命保険に入っていなければ加入できないようになっています。

住宅金融支援機構が行っているフラット35では団体信用生命保険に加入しなくても借り入れすることができます。

新築を大分で購入した友人はフラット35を借りたのですが団体信用生命保険に加入していました。

なにかあったときのためにやはり加入しておいたほうが安心ということでしょうか。

しかし、健康状態がよくない場合には団体信用生命保険には入れないので加入が任意の住宅ローンを借りることになります。

フラット35とは公的機関の住宅金融支援機構というところと民間の金融機関が連携して行っている住宅ローンで、長期間固定金利の住宅ローンです。

フラット35は保証料が必要ありません。