家の売却は不動産会社

Posted by: 中田 平次  :  Category: 不動産

家の買い換えなどをするときは今住んでいる家を売らなければなりません。

そのようなときには不動産会社に依頼することになります。

依頼する時に不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。

媒介契約には3つの種類があります。

専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約です。それぞれの特徴を説明します。

専属専任媒介契約は不動産会社1社に対してのみ売却を依頼できます。

依頼主に対して1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告しなければいけません。

依頼主が購入を希望する人を自分で探すことはできません。

レインズと呼ばれる指定流通機構に5営業日以内に登録する義務があります。

専任媒介契約は専属専任媒介契約と同じように特定の不動産会社のみに仲介を依頼する契約です。

専属専任媒介契約と違う点は依頼主が自分で購入を希望する人を見つけることができるところと、

指定流通機構に7営業日以内に登録しなければいけないところと、依頼主への報告が2週間に1度というところです。

一般媒介契約は複数の不動産会社に重ねて仲介を依頼することができます。

この一般媒介契約の場合には指定流通機構への登録義務はありません。

また依頼主に対しても報告を行う義務はなく、依頼主が自分で購入を希望する人を見つけて来ることも可能です。

レインズへの登録義務がないのはこの一般媒介契約だけなのでレインズに登録して欲しい場合は一般媒介契約以外にする必要があります。

基本的にこれらの契約の有効期限は3ヶ月となっています。